基調講演

5月23日(火)
岡田随象(大阪大学大学院医学系研究科遺伝統計学)
遺伝統計学で迫るゲノム研究の新たな地平線

皆さんは、遺伝統計学(Statistical Genetics)という学問分野をご存じでしょうか?遺伝統計学は、遺伝情報と形質情報の因果関係を統計学の観点から研究する学問分野であり、一次的に処理されたゲノム情報を解釈・社会還元するための手段として注目されています。大規模疾患ゲノムデータに遺伝統計学を適用することで、疾患病態の解明や疫学の再解釈、ゲノム創薬へとつながる可能性が示されています。「いかに、早く、安く、正確にゲノム配列を解読するか」というゲノム科学の一大目標がNGS技術で達成されつつある現在、「どうやって、早く、安く、確実に解読したゲノム配列の意味を解釈するか」へと研究のボトルネックがシフトしています。そんな状況下で遺伝統計学がどんな貢献を果たしていけるのか、そもそも遺伝統計学をどうやって学べばいいのか、私自身の研究遍歴も交えてお話しさせて頂ければと思います。
5月24日(水)
工樂樹洋(理研CLST・分子配列比較解析ユニット)
NGSが拓き、分子系統学が照らす「反モデル」生物学への招待

生物を、研究者の探究活動の材料としてではなく、自然の一部、さらには、地球上の生命のあゆみの記録としてみるとき、「モデル」という言葉はあまりにも空虚である。NGSの登場とゲノム編集技術の普及によって、分子レベルの研究の幅は大きく広がったが、それは、モデルと非モデルを分け隔てるマインドから解き放たれた、自然全体を対象にする「反モデル」生物学の真の始まりでもある。この境地を存分に愉しむためのエッセンスとして、NGSをより深く知ること、そして分子系統の知識をベースに種間比較と向き合うこと、という2種類のリテラシーの重要性を掲げたい。本講演では、コア施設運営からの様々なこぼれ話を交えて、独自に進めている軟骨魚類サメのゲノム解析や、そこから見えてきたヒトや実験動物のゲノムの成り立ちについてのエピソードを紹介する。分子情報を扱う際に役立つ進化の概念や手法がライフサイエンス研究全体において果たす役割についても触れたい。
2017/4/12現在
内容は変更されることがありますので、ご了承ください。

PAGE TOP